バストアップクリームにも副作用はある

バストアップクリームにも副作用があることをご存知ですか?
副作用のないバストアップクリームを選ぶには、安全性の高いバストアップクリームを選ぶのがコツです。
バストアップサプリは、しばしば、ひどい副作用に悩まされてしまいがちです。副作用としては、肥満、腹痛、頭痛、下痢、生理不順etc…。
これらの副作用は、全部「女性ホルモン」が原因。
女性ホルモンは、「増やせばキレイになる」とみんなで頑張っているものですが、実は女性ホルモンは常に体内でバランスが保たれているものなんです。薬で女性ホルモンを増やしてしまうと、バランスが崩れて、バランスの乱れは副作用となってあらわれます。
一般的に、バストアップサプリに比べて副作用が少ないといわれるバストアップクリームですが、サプリメントと同じように、女性ホルモンを増やすものが含まれていることが多いのです。
その女性ホルモンを増やすというのが、「プエラリア」や「ブラックコホシュ」。
これは、女性ホルモンのそっくりさんで、体の中に入ると女性ホルモンの真似をしてはたらきます。そうすると、体が女性ホルモンと勘違いして働くのですが、そのせいで生理不順になったり、肥満になったりという副作用になってしまいます。
でも、バストアップクリームはサプリに比べて副作用が出づらいのは確かなので、安全性が高く、副作用が出づらいバストアップクリームを選びましょう。
みんなが使ってみてどうだったのか、口コミをちゃんとチェックするのが、質の良い、安全性の高いバストアップクリームを選ぶ第一歩!