合成品と天然由来のサプリメント

サプリメントは大きく分けて2種類あります。
それは「合成品」と「天然由来」のサプリメントです。

例えば、気軽に入手できる比較的安価なビタミン類やミネラル類のサプリメント。
実は、これらのほとんどは石油から化学合成できてしまいます。

人工で作られたサプリメントは、天然原料を栽培輸入する必要がないので天然由来ものよりも遥かに安いコストで製造することができます。

石油から製造してると言っても、どこまで体に害があるかは実証されていません。
しかし、人工でできたビタミンやミネラルが天然のビタミンやミネラルと一緒の効果が生まれると思いますか?
ましてはそこまで安価で作られたサプリメントが天然もののサプリメントと同じ効果を発揮するでしょうか…。

ここでは、高価なサプリメントだから良いと言ってるわけではありません。
体内への吸収の悪さ、更には長期的に摂取すると考えれば、自ずと不安が残ると思います。

ここでおすすめしたいのはやはり天然由来のサプリメントです。
天然由来のサプリメントも注意点はあります。

製造過程で熱処理されているものは、多くの栄養素が壊れています。
冷却製造かどうかを試せば、更に確実な効果を得れると思います。
ぜひ気になった商品を確かめてみてください。